SugarCRMの違い

SugarCRMのソースコードには共有する複数のエディションが存在しています。
それぞれ、含まれているモジュールが異なっています。
このエディションには3種類あります。
1つ目は、SugarCommunityEditionです。
これは無償版でオープンソースとなっています。
ライセンスはGPLv3になっています。

2つ目は、SugarProfessionalです。
これは有償版でサポートがついています。

3つ目は、SugarEnterpriseです。
これも有償版でサポートがついています。

無償版と有償版の大きな違いはお金がかかるかどうかですが、内容も結構変わっています。
無償版になOutlookやWord用のプラグインがついてなかったり、
知識のデータベースがなかったりチームの管理ができなかったりアクセス管理ができなかったりします。
有償版の場合はこれらの機能は使うことができます。

では、有償版の2つの違いはなんでしょうか?
それは高度なSQLの情報提供が出来たり、助言を与えるサポートが受けられたりと以外に違う点があります。

SugarEnterpriseが一番なんでもできるものになっており、SugarProfessionalは多少できないことがあります。