SugarCRMのバージョン

SugarCRMの有償版と無償版の違いとしてはサポートの有無と一部のモジュールの有無です。
また、オープンソース版はGPLv3のライセンスとなるため、作成したモジュールなどの再頒布する際にはソースコードの公開が義務付けられています。

このソフトウェアは顧客管理システムのオープンソースとしては最大規模となっています。

このSugarCRMには、共有する複数のエディションが存在しています。
それぞれに含まれるモジュールが異なっています。

バージョンのこれまでに何個かでています。
最新のものは6.3となっています。
古い物から見てみると5.0.0beta2からはじまり5.0.0や5.0.0a〜5.0.0hまでアルファベット順に出ています。
さらに、5.1RC、2008年8月末にリリースされた5.1正式版。
これはPHP5.1が最低要件になっています。
2008年12月末にリリースされた5.2正式版、2009年に5月にリリースされた5.2.0e日本語版、2009年9月にリリースされた5.2.0j日本語版などもあります。
さらに、2009年5月にリリースされた5.5beta1、2009年9月にリリースされた5.5beta2、200910月にリリースされた5.5.0RC2などもあります。
このようにSugarCRMは多くのバージョンが存在しています。